SDGsとは? – 誰一人取り残さない持続可能な開発目標 –

SDGs(エス・ディー・ジー・ズ)とは、「持続可能な開発目標」を意味するSustainable Development Goalsの略です。

2015年9月、国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に、2030年までに達成すべき国際目標として記載されました。「誰一人取り残さない – leave no one behind -」をスローガンに、持続可能な世界を目指した17つの目標が掲げられています。

つまり一言でいうと、「2030年までに世界全体で目指す17の目標」になります。

なるほどくん
なるほどくん
なるほど!世界中、みんなに関係する目標なんだね。

SDGsができた背景

SDGsの前身であるMDGs

SDGsには、前身となる目標がありました。それは、2000年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)です。MDGsでは、2015年を期限に8つのゴールが掲げられていました。

ゴール1:極度の貧困と飢餓の撲滅
ゴール2:初等教育の完全普及の達成
ゴール3:ジェンダー平等推進と女性の地位向上
ゴール4:乳幼児死亡率の削減
ゴール5:妊産婦の健康の改善
ゴール6:HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延の防止
ゴール7:環境の持続可能性確保
ゴール8:開発のためのグローバルなパートナーシップの推進

MDGsの問題点

貧困数や死亡率の減少がみられたMDGsでしたが、目指されたゴールは「飢餓の撲滅」や「マラリアなど疫病蔓延の防止」など、先進国が途上国を支援する意味合いの強い目標がほとんどでした。

これを受け、SDGsでは「誰一人取り残さない」世界をつくるため、多岐にわたる課題を包括的に捉え直した目標が策定されました。そのため、MDGsには存在しなかった「働きがい」といった経済面の課題や、「エネルギー」「産業基盤」といった先進国が見直すべき課題も目標に加えられることになりました。

なるほどくん
なるほどくん
MDGsの反省点を活かして、世界全体で向き合うべき課題も包括的に取り入れたのがSDGsなんだね!

SDGsの17の目標と169のターゲット

SDGsには全部で17個の目標があり、持続可能な世界をつくるためにはどの目標も欠かすことができません。

なるほどくん
なるほどくん
17個の目標はどれも抽象的だけど、何を基準に、達成したかどうかを測るの?

SDGsの169のターゲット

それぞれのゴールを達成するために、具体的な達成基準を記したものが、ターゲットと呼ばれます。例えば、ゴール1「貧困をなくそう」には7つのターゲットがあり、以下のような具体的な達成基準があります。

1.1:2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。

なるほどくん
なるほどくん
なるほど!ターゲットは、ゴールごとの達成指標を具体的に示したものなんだね。

「なるほどSDGs」でSDGsを身近に!

SDGsは国レベルだけでなく、現在は企業や個人でも取り組みが進むほど、当たり前になりつつあります。しかし、まだまだ認知や理解は低いままです。

「SDGs… なんとなく聞いたことはあったけど、正直よくわからない…」

「17個のゴールに169個もターゲットがあるなんて、複雑すぎる…」

SDGsに対して、そうした意識をもつ方も多いのではないでしょうか。

「なるほどSDGs」では、SDGsを誰もが身近に感じられ、楽しく学べるようなコンテンツを発信しています!

ゴールごとの解説記事だけでなく、SDGsに関するコラムやインタビュー記事など、随時更新していく予定です!興味のあるものから読んでもらえると嬉しいです。

なるほどくん
なるほどくん
なるほど!

▼SDGsウェディングケーキモデル?17のゴールには繋がりが?

SDGウェディングケーキモデルとは?17のゴールの関係性を理解しよう!

シェアして「なるほど!」を広げよう

ABOUTこの記事をかいた人

なるほどSDGs 編集長 / ライター スウェーデンでのインターン参加や欧州1人旅など、新しい世界を知る時間や、異文化交流を大切にしています。「なるほどSDGs」が、毎日を大切にできるきっかけになれば嬉しいです。私もなるほどくんと一緒に勉強します!