ユニバーサルデザイン

1980年代にアメリカで誕生した言葉で、年齢・性別・能力・言語など人の多様性に配慮した「できるだけ多くの人が利用できるよう設計されたデザイン」のこと

なるほどくん
なるほどくん
なるほど!40年前につくられた言葉なんだね。

ユニバーサルデザインの7つの原則

1、誰にでも公平に利用できること

2、使う上で自由度が高いこと

3、使い方が簡単ですぐわかること

4、必要な情報がすぐに理解できること

5、うっかりミスや危険につながらないデザインであること

6、無理な姿勢をとることなく、少ない力でも楽に使用できること

7、アクセスしやすいスペースと大きさを確保すること

なるほどくん
なるほどくん
なるほど!とっても優しい原則だね。

カラーユニバーサルデザインについてのコラムはこちら!

カラーユニバーサルデザインとは?色においても、誰一人取り残さない世界を実現するために

なるほどくん
なるほどくん
なるほど!ユニバーサルデザインの中にも、いろんな種類があるんだね!

シェアして「なるほど!」を広げよう

ABOUTこの記事をかいた人

なるほどSDGs 編集長 / ライター スウェーデンでのインターン参加や欧州1人旅など、新しい世界を知る時間や、異文化交流を大切にしています。「なるほどSDGs」が、毎日を大切にできるきっかけになれば嬉しいです。私もなるほどくんと一緒に勉強します!