J-クレジット

CO2などの温室効果ガスの排出量削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証したもの。具体的には、省エネルギー機器や再生エネルギーの導入、森林経営などの取り組みが該当します。

なるほどくん
なるほどくん
なるほど!
環境問題に対する行動が、お金になるんだね。

J-クレジット制度のメリット

なるほどくん
なるほどくん
J-クレジット制度に参加すると、どんないいことがあるの?

企業など、事業を運営する組織にとっては、

  • ランニングコスト(設備や建物などの維持費)の削減
  • クレジットの売却益によってさらなる省エネ投資ができる
  • 地球温暖化に組織として取り組むことができる

などさまざまなメリットがあげられます。

また、SDGsでも13番目のゴールとして「気候変動に具体的な対策を」が掲げられているように、世界規模で深刻化する気候変動に対して組織全体で貢献することができます。

J-クレジット制度を利用して、環境問題に具体的な対策を

刻々と深刻化する地球温暖化。個人だけでなく、組織としても具体的に行動にうつしていきたいですよね。

なるほどくん
なるほどくん
少しでもいいから、今できることを始めていきたいね。

▼「温室効果ガス」についてのコラムも合わせて読んでみてください

温室効果ガスの排出量 | 世界における日本の現状から対策を考えよう!

▼「J-クレジット制度」への参加方法はこちらから

J-クレジット制度

シェアして「なるほど!」を広げよう

ABOUTこの記事をかいた人

なるほどSDGs 編集長 / ライター スウェーデンでのインターン参加や欧州1人旅など、新しい世界を知る時間や、異文化交流を大切にしています。「なるほどSDGs」が、毎日を大切にできるきっかけになれば嬉しいです。私もなるほどくんと一緒に勉強します!