3分の1ルール

より新鮮で新しい商品を店頭に並べるために設けられた商習慣で、製造日から賞味期限までの期間を3分割し、それぞれに期限を設けたルールのこと。

3つの期限

製造日から賞味期限までの、最初の3分の1の期間は「納品期限」、次の3分の1の期間は「販売期限」、最後が「賞味期限」です。

  1. 納品期限…卸売業者が小売店に納品しなければならない期限
  2. 販売期限…小売店が商品を店頭に並べておける期限
  3. 賞味期限…消費者がその食品をおいしく食べられる期限

3分の1ルールの問題点 

3分の1ルールの問題点としては、まだ食べられる商品が廃棄される、食品ロスが大量に出てしまうことです。

賞味期限がまだ先の商品であっても、納品期限や販売期限を過ぎた商品は、メーカーや卸売業者に返品され、破棄されるケースがあります。

3分の1ルールに関するインタビュー記事はこちら!

シェアして「なるほど!」を広げよう

ABOUTこの記事をかいた人

田舎で農業しながらのんびり暮らしたい。 地球環境への負荷を少しでも減らせたらと。 動物性の食材を使わない自炊をしています。