【保存版】環境ラベルまとめ!エコマークや認証を正しく理解して商品を購入しよう!

みなさん、環境ラベルを知っていますか?

私たちが普段お店で選んでいる商品には、環境ラベルのついている商品がたくさんあります。

環境負荷を減らし、持続可能な社会の実現を目指している環境ラベル。

今回は、今まで「なるほどSDGs」で紹介してきた環境ラベルについてまとめました。

さらに詳しく知りたい人は各コラムを読んでみてください。

なるほどくん
なるほどくん

環境ラベルについての学びを深めよう!

代表的な環境ラベル

エコマーク

エコマークは、「原料」から「廃棄」までのライフサイクル全体を通して環境への負荷が少なく、環境保全に役立つことが認定された商品につけられる環境ラベルです。

エコマークを活用することで、
消費者の環境を意識した商品選択
・企業の環境改善努力の推進
・持続可能な社会の形成
が目指されています。

環境負荷を少なくするために
・地球温暖化の防止
・生物多様性の保全

・有害物質の制限とコントロール
・省資源と資源循環
の4つの観点を総合的に見て認定を行っています。

エコマークはたくさんの商品についているので、探してみてください。
コラムでは、ノート、トイレットペーパー、タオルについて紹介しています。

▼エコマークについてさらに詳しく知りたい人はコラムを読んでみよう

なるほどくん
なるほどくん

マークがついている商品は環境保全に貢献しているよ!

再生紙使用(R)マーク

再生紙使用マークは、再生紙の利用促進・普及啓発をするために、古紙パルプの使用率を表しているマークです。再生紙の利用を促進することで、資源の有効活用につながります。

再生紙使用マークは、古紙を使用している商品や印刷物についているので、探してみてください。

なるほどくん
なるほどくん

紙を有効活用することで資源を守れるよ!

バイオマスマーク

バイオマスマークは、生物由来の資源を利活用している商品につけられるマークです。バイオマスマークの認定商品は、循環型社会の形成や地球温暖化の防止に貢献しています。

バイオマスマークは、プラスチック類や洗剤、繊維製品などについているので、探してみてください。

なるほどくん
なるほどくん

生物由来の資源を使っていることを表す認証なんだね

レインフォレストアライアンス認証

レインフォレスト・アライアンス認証は、主に農業を対象に、地球環境保護と人々の持続可能な生活を確保することを目的としてできました。加えて、森林や生態系の保護、土壌や水資源の保存、労働環境の向上や生活保障などが目指されています。

レインフォレストアライアンス認証が必要とされている理由は、農業や生物多様性などの持続可能性が脅かされているからです。森林破壊を止め、生態系を保護し、農薬使用を減らすことよって環境への負担を軽くすることができます。

なるほどくん
なるほどくん

地球環境保護と人々の持続可能な生活を確保するためにレインフォレスト・アライアンス認証は必要なんだね

レインフォレスト・アライアンス認証は、コーヒー、紅茶、バナナなどの商品についているので、探してみてください。

▼レインフォレスト・アライアンス認証についてさらに詳しく知りたい人はコラムを読んでみよう

海のエコラベル「MSC認証」「ASC認証」

MSC認証

MSC認証は、持続可能な天然の水産物にのみ認められる認証のことで、通称「海のエコラベル」といわれています。

MSC認証が必要な理由は主に2つあります。

①魚の獲りすぎを防ぐため

国連食糧農業機関(FAO)によると、世界の漁業の34.2%が持続可能な水準を超えて漁獲されています。つまり、私たちは魚を獲りすぎているということです。このままでが、魚を獲ることができなくなり、魚を食べることもできなくなるかもしれません。

②海の環境を守るため

魚の獲りすぎによって、魚の種類や数が減ること以外にも影響があります。乱獲によって、他の魚たちやウミガメ、海鳥になどの生物が巻き込まれ、魚やその周辺の生態系が壊れてしまうことが懸念されています。

消費者がMSC認証のついた水産物を選ぶことによって、持続可能な漁業を応援できる仕組みとなっているのです。

MSC認証は、生鮮食品や魚を用いた加工品などの商品についているので、探してみてください。

なるほどくん
なるほどくん

なるほど!だから海のエコラベルと呼ばれるんだね

ASC認証

ASC認証は、持続可能な養殖の水産物にのみ認められる認証です。

養殖水産業は、
・海洋環境の悪化
・餌となる天然魚の利用
・養殖魚の逃避による生態系の変化
など、海の環境に悪影響を及ぼすリスクがあります。

そのため、ASC認証を与えることで環境に配慮した養殖業を応援できる仕組みを作っています。

ASC認証は、サケ、ブリ、 エビ、海藻などの養殖の魚貝類の商品についているので、探してみてみてください。

▼MSC認証・ASC認証についてさらに詳しく知りたい人はコラムを読んでみよう

なるほどくん
なるほどくん

環境に配慮した養殖が増えるといいね

森林管理のエコラベル「FSC認証」

FSC認証

FSC認証は、持続可能に森林管理が行われた木材とその製品を識別するために、製品生産に関わるあらゆる組織に与えられる認証のことです。

FSC認証が必要な理由は主に2つあります。

①森林を守るため

天然林は1990年から2015年の間に年間で平均650万ヘクタールも減少しているのです。これは、毎日東京ドーム3900個分の森林が消滅している速さです。
森林は、自然資源を恵み、空気を浄化し、水を蓄えます。たくさんの生物も暮らしていて、生態系にとっても欠かせない存在です。

②気候変動を抑制させるため

森林は、光合成により、大気中の二酸化炭素を吸収してくれる役割があり、気候変動も食い止めるためには森林の存在が不可欠です。
森林を守り気候変動問題を解決するために、木材やその商品にFSC認証を与えることで、消費者が責任ある森林管理を応援できる仕組みを作っています。

FSC認証は、紙パックジュースやティッシュの箱などの商品についているので、探してみてください。

▼FSC認証についてさらに詳しく知りたい人はコラムを読んでみよう!

なるほどくん
なるほどくん

森林を守るために大切な認証だね

環境にやさしいラベルを身近で探してみよう!

今回は、様々な環境ラベルついて紹介しました。

環境ラベルのついた商品を選択することで、私たち消費者が持続可能な社会の形成の取り組みを支えることが出来ます。

これから買い物をする時は、環境ラベルのついている商品をぜひ探してみて下さい。

「なるほどSDGs」では、SDGsを身近に感じられるような記事を掲載しています。ぜひ、他の記事もチェックしてみてください。

▼ 環境問題に関するこれまでの歩みを理解しよう!取り組みの変遷とは?

シェアして「なるほど!」を広げよう

ABOUTこの記事をかいた人

「環境問題を自分ごと化するきっかけをつくる」をモットーに発信活動をしています。環境イベントの運営もしています。「地球のためにできるアクションを1人でも多くの人にしていただきたい」という想いで記事を書いています!