人にも環境にも優しいラップ「The Wrap」を日本に。SDGsへの気軽な一歩を創り出したい一輝さんの想いとは?

「食卓にある魚は、プラスチックかもしれない。」

2050年には、海洋プラスチックゴミが魚の数を上回るといわれています。そんな今、誰でも気軽にプラスチックゴミの排出量を減らせる「The Wrap」が注目を集めています!

今回は、「The Wrap」を日本で広めている大平一輝さんにお話を伺いました。環境問題に関心のある方だけでなく、「何からはじめたらいいんだろう」となかなか一歩を踏み出せない人にもぜひ読んでいただきたいです。

なるほどくん
なるほどくん
30年後なんてあっという間だもんね。
うかうかしてられない!僕も読んでみよう!

人にも環境にも優しい次世代ラップ「The Wrap」

「人にも環境にも優しい」とありますが、「The Wrap」はどんなラップなんですか?
板橋 今日子
板橋 今日子

大平 一輝
大平 一輝
「The Wrap」は繰り返し洗って使えるラップです。また一般的な使い捨てラップ・クッキングシート・アルミホイル全ての代用品にもなりうるため、「次世代のサステナブルなエコラップ」と呼んでいます!

繰り返し使えて、1枚で3役!すごい!
なるほどくん
なるほどくん

大平 一輝
大平 一輝
食材を包むときや、容器を覆うフタとしても使えるのはもちろん、電子レンジにも対応しており、食品を解凍したり温めたりする際にも使っていただけます。使わないときはコンパクトに折り畳むこともできるため、収納も簡単です!

なるほど!便利すぎる…!
なるほどくん
なるほどくん

大平 一輝
大平 一輝
もともとはオーストラリアのスタートアップ企業の商品だったのですが、海外で話題だったものを日本でも広められないかと、この度日本での独占販売契約を結ばせていただいています。そして現在は、日本のクラウドファンディングサイトMaruakeにてクラウドファンディングにも挑戦させていただいています。

ど、独占契約!行動力がすごい…
なるほどくん
なるほどくん
海外の製品はなかなか触れる機会がなく知らないことも多いので、ありがたいですね…!
板橋 今日子
板橋 今日子

大平 一輝
大平 一輝
便利なのはもちろん、「The Wrap」はプラスチックを一切使用しておらず、また繰り返し洗って使えるため、プラスチックゴミの排出を減らすことにも繋がっています。使い捨てのラップとは違い、一度の購入でずっと使えるため、家計にも優しい商品でもあります。

なるほど!家計にも、環境にも優しいなんて、なんて素敵なんだろう!
なるほどくん
なるほどくん

台湾でみた環境問題対策に衝撃を受ける

「The Warp」を広めるきっかけはなんだったんですか?
板橋 今日子
板橋 今日子

大平 一輝
大平 一輝
仕事の関係で台湾に1年ほど住んでいたんですが、そこで触れたエコな仕組みに衝撃を受けて。
え!台湾って、そんなにエコな仕組みがあるの!?
なるほどくん
なるほどくん
大平 一輝
大平 一輝
台湾では政府主導で環境問題を踏まえた仕組みづくりが多く存在しています。紙ストローやマイボトルの使用が当たり前になっていて、レジ袋も日本より高い値段で有料となっています。プラスチックゴミ排出の削減以外にも、サステナブルな建築物が多く建てられていたり、U-bikeと呼ばれる誰でも利用可能なシェアサイクルが普及していたりと、街の至るところでエコな仕組みに触れることができました
なるほど…!日本よりもだいぶ進んでいるんだね。
なるほどくん
なるほどくん

大平 一輝
大平 一輝
加えて、政府の取り組みに対して国民も積極的に参加している様子だったことも、衝撃を受けたことの1つでした。

なるほど。台湾では、政府の仕組みづくりが国民の意識までも変えているんだね。
なるほどくん
なるほどくん

大平 一輝
大平 一輝
帰国後、日本での環境の取り組みが民間レベルまで浸透していない現状を間に受け、自分にできることはないかと考え始めました。そこで、「The Wrap」に出会うことができました。

▼いつきさんが「The Wrap」に出会った海外のクラウドファンディングサイトKickstarterはこちら

Kickstarter

増え続ける海洋プラスチックゴミ ー「The Wrap」とSDGs

「The wrap」はSDGsとどのように関係しているのでしょうか。
板橋 今日子
板橋 今日子

大平 一輝
大平 一輝
まず、プラスチックゴミの排出を抑えることができるため、SDGsの14番目「海の豊かさを守ろう」や15番目「陸の豊かさも守ろう」に繋がると考えています。特に「海洋プラスチックゴミ」の問題は現在進行形で深刻な課題であり、少しでもプラスチックゴミの排出量を減らしたい思いからプロジェクトに励んでいます。

もしかすると、未来の子どもたちは魚ではなくプラスチックを食べているかもしれないもんね。それだけは避けたい!
なるほどくん
なるほどくん

海洋プラスチックゴミの問題についてもっと知りたい方はこちらも合わせて読んで見てください

プラスチックゴミが海に及ぼす影響とは?海の豊かさを守るために私たちにできること

意識を変えるのは難しい、だからこそ

でも、いくら環境問題の深刻さを知っていても、いざ行動にうつすのって難しいですよね。
板橋 今日子
板橋 今日子

わかるなぁ。僕も環境問題に関心はあるけれど、何から始めたらいいかわからず、結局何にもできてないことが多い…
なるほどくん
なるほどくん

大平 一輝
大平 一輝
僕も、ただ呼びかけるだけでは効果が薄いと考えました。そこで仕組みを作る必要があると気づいたんです。身近に行動をうつせる環境が整っているだけで、誰でも自然に環境問題に取り組めるようになるんじゃないかと思い。

なるほど!仕組みづくり!
なるほどくん
なるほどくん

大平 一輝
大平 一輝
そこでその行動の選択肢として、「環境にやさしい商品の購入」を思いつきました。特に日本はまだ遅れている部分もあるので、海外の進んだエコ商品を輸入して日本でも買えるようにしたら、購入機会が増えるんじゃないかと思って。

なるほど!それで選ばれたのが「The Wrap」なんだね!
なるほどくん
なるほどくん

大平 一輝
大平 一輝
そうなんです。日本でも蜜蝋でできた天然素材のラップが存在しているのですが、「The Wrap」は電子レンジでも使えるので、主婦の方にも嬉しい声をいただいています。

なるほど!「便利だから」と使い始めたものが、自然と環境を考えた選択に繋がっていたことになるんだね。
なるほどくん
なるほどくん

一歩目のきっかけは、なんでもいい。

いつきさんは台湾の経験が原動力になったと思いますが、そうした強いショックや心に刻まれるような経験がない人にとって、行動の一歩目ってなかなかハードルが高いような気がしていて…
板橋 今日子
板橋 今日子

たしかに。
なるほどくん
なるほどくん
多くの人がそうだと思うのですが、どうしたらもっと気軽に一歩目を踏み出せるようになるんでしょうか。
板橋 今日子
板橋 今日子

大平 一輝
大平 一輝
実際、僕も台湾に行くまでは、環境問題に対してそれほど主体的ではありませんでした。そうした原体験は偶然の出会いだと思うので、無理に経験をつくりにいく必要はないとは思います。

なるほど。みんながみんな、最初から大きなかたちで行動しているわけではないんだね。
なるほどくん
なるほどくん

大平 一輝
大平 一輝
きっかけは、なんでもいいんだと思います。イベントに参加してみたり、何気なく友達と話してみたり、大きなきっかけでなくてもいいと思います。「知る」「触れてみる」だけでも立派な一歩だとも思います!

なるほど!そんなに気負わなくてもいいのかもしれないね。
なるほどくん
なるほどくん
単純な興味から始まった行動が結果的にSDGs達成につながっていた、というような仕組みがもっと増えると、もっと多くの人が気軽に社会問題に取り組むことができるのかもしれませんね。
板橋 今日子
板橋 今日子

大平 一輝
大平 一輝
そう思います。「The Wrap」もその1つになれたらいいなと思います!

「The Wrap」をきっかけの1つに、みんなでSDGs達成への一歩目を踏み出そう!

どうしよう!「The Wrap」が欲しくなってきた…!どうしたら手に入るの?
なるほどくん
なるほどくん

大平 一輝
大平 一輝
クラウドファンディングは2021年1月末まで行っており、ご希望のリターン内容を選択していただければ、お手元に届くようになっています。また気軽にエコ活動への第一歩を踏み出してほしいという思いから、早割はもちろん、手の届きやすい値段で設定させていただいているため、この機会に購入していただければ幸いです!

なるほど!!
なるほどくん
なるほどくん

▼「The Wrap」が購入できるクラウドファンディングページはこちら

人と環境に配慮した次世代ラップ!保存に調理に大活躍の「The Wrap」

きっかけも一歩目も、なんだっていいんだよね。ゴミを拾ったり、分別したり、「The Wrap」のような商品に触れてみたり、なんだか僕にもできそうな気がしてきた…!
なるほどくん
なるほどくん

Social One|大平一輝(26)

大学在学中、中国留学を経験。その後フリーのカメラマンとして活動。2019年より台湾に渡りYouTubeマネジメント会社Capsuleにて、助監督として働く。2020年3月に帰国後、人生の幸福度をあげるワクワクするものを届けることや、社会問題の解決を目的としたクラウドファンディングを手掛け、現在は貿易家になるため奮闘中。私生活では健康オタクで、趣味は筋トレや読書、瞑想。Twitter : @beat_gate

シェアして「なるほど!」を広げよう

ABOUTこの記事をかいた人

なるほどSDGs 編集長 / ライター スウェーデンでのインターン参加や欧州1人旅など、新しい世界を知る時間や、異文化交流を大切にしています。「なるほどSDGs」が、毎日を大切にできるきっかけになれば嬉しいです。私もなるほどくんと一緒に勉強します!